<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

好きな石鹸、手荒れや汗対策のことなど

スペインのモンセラートの修道院で作られている石鹸が今のお気に入りです。
素朴なラベンダーの香りがして、使い心地がとても柔らかいです。

a0258087_857374.jpg


食器洗いには、地球村の石鹸を使っています。合成の食器用洗剤は便利なところがよいのですが、成分が強くて手荒れが気になっていました。成分のやさしい液体食器用洗剤、使ってみたけれど、合成洗剤の便利さを知ってしまうと、油切れの悪さにいらいらしてしまうこともありました。固形のもので、無添加の食器洗い用の石鹸をいろいろ使ってみた結果、この石鹸が油落ちもすごくよくて気に入っています。

a0258087_8584635.jpg

山元町内の給食センターや保育所などで出た廃食油で作った石鹸、ノワイヨさんで購入しました。

汗をたくさんかく季節は、汗もや日焼けによる湿疹ができやすいので、刺激の弱い石鹸を使っています。素朴な感じのものも好きです。手捏ねでお餅を作っているみたい、山形のSPURさん→
アトピーのお子さんのいる知人が、赤ちゃんにも使えるという有名なボディシャンプーをジョンマスターの石鹸に換えただけで、改善されたと言っていました。石鹸は水で流してしまうものでもあるのですが、日々肌に触れるものでもあるので、食べ物を選ぶくらい厳しい目で見てもよいのではないかと思っています。

暑くなってくると、シャワーの後は汗がなかなか引かなくて困ります。そんなときはタルカムパウダーをひと工夫して、香りを楽しんでいます。
去年は猛暑だったので、大人になってから初めてというくらい酷い汗疹ができて大変だったのですが、手づくりのタルカムパウダーで乗り切りました。

a0258087_8592616.jpg


ハーブショップなどで、あらかじめ香りのついたパウダーを見つけてきてもよいのですが、近くの薬局でも手に入るお手頃な無香料のベビーパウダーに、自分好みの精油で香りをつけると、お粉をはたく時間がとても楽しみになります。成分にこだわりのある方は、ハーブショップなどでカオリンのパウダーを見つけてきて、精油を足してもいいと思います。

抗菌・抗真菌作用のある精油を選ぶと、気になる汗の臭いも抑えてくれます。さらに、刺激に弱くなっている肌には、鎮静・抗炎症作用のある精油を使うといいなと思います。
今使っているのは、ラベンダーとティートリーの精油の組み合わせ。さわやかな甘さもあり、ハーブのすっきりとした香りに仕上がって、湿気が多くて香りが絡まりつくのがいやなときにぴったりです。プラス、ミントもいいかもしれないな。
ちなみに、アルベンシスミント、ティートリー、パルマローザを組み合わせてみたら、時間が経つにつれ香りが変わって、ラムネみたいな香りになりました。パルマローザ、虫よけにもなるかなと思ったんだけど・・・。ラムネ好きの方はお試しください。


fin.
[PR]
by fakkotica | 2013-06-21 09:21 | aromatherapy

心と体の滞りをすっきりさせたいとき

やっと仙台も梅雨に入って、今週はしめっぽいお天気が続いています。

朝、太陽の光がカーテン越しに差し込むと、すごく元気に目が覚めてやる気いっぱいの一日に、雨の日は、じっと内面にむきあうような一日に。
心や体のリズムは一定にならなくてもよくて、その日の感じに波長を合わせて過ごしています。

台風が来ると頭が重くなってしんどい、いらいらする、きっとこれがふつう。それでも仕事があるから、がんばらなくちゃいけないときは、ちょっとだけ頑張ってみる、無理しない程度にね。
外に出たくなくて、どうしても考え事がぐるぐる回りだして、昔言われて根に持っていることととか、やらなくちゃいけないのに先延ばしにしていることで頭がいっぱいになりだしたら、もう鬱々してくるばかり。

そんなときは、香りの力を借りることにしています。

この2、3日のわたしのブームはサイプレス。むくみをとってくれる作用があるのですが、心の滞りもスムーズに流れさせてくれるような精油です。自律神経を調整してくれる作用もあるので、ちょっとバランスを崩しているなあというときにもぴったりです。

ペパーミントとのブレンドはすーすーして、とってもおすすめです。むくんだ足や、おなかのぷよのマッサージに、頭皮が脂っぽくなっているときにはシャンプーにブレンドするとすっきりします。
また、湿気で調子が悪くて咳が出るときは、咳を鎮めてくれる作用があるので、サイプレスの芳香浴がぴったりです。

a0258087_11293729.jpg

最近つかっている、フィトサンアロームの精油。フランスで医療用として流通しています。

[PR]
by fakkotica | 2013-06-20 11:36 | aromatherapy

霧雨のボタニカルガーデン

わたしの大好きな場所のひとつ、泉ボタニカルガーデンに行ってきました。

泉ヶ岳の麓は曇り空、七北田ダム方面へと徐々に標高が上がるにつれて霧雨模様に。
むっとするような緑の空気をかきわけ山道をくだると、突如、はっとするような夢の光景があらわれます。
この瞬間は、いつも、わーっと声をあげて感動せずにはいられません。

遠くにバラのアーチを眺めて、そう、バラのアーチを上から見るなんて経験はここだけでしか味わえないかもません。

しっとりと水滴を含んで、うつむき加減に咲く花々に魅了されて、アーチを何度も何度もくぐりました。

園内はとてもとても広いので、一部しか掲載できないのが、残念です。


a0258087_1885195.jpg

庭に降りるまでの小道。春にはクリスマスローズが満開に。シャクナゲ、山桜でピンク色に霞みます。

a0258087_18951100.jpg

アーチが見えてきました!ボタニカルガーデン、ダム湖の畔にひっそりたたずんでいます。

a0258087_18333252.jpg

バラのアーチのコーナー。

a0258087_1810379.jpg

ギガンチウムがぽんぽんとアクセントに。黄色のアルケミラモリスがじゅうたんみたいです。

a0258087_1811756.jpg

ピンクのツルバラはスパニッシュビューティ

a0258087_18113724.jpg

黄色のアーチがとにかく気に入っています。名前を確認できたのは、グラハムトーマス、ピルグリム、クロッカスローズ、コンテスドゥシャンパーニュだったと思います。いっぱいすぎて、わからない。

a0258087_18121542.jpg

立派なブラックティー。したの深い赤紫のバラ、なんていうバラなんだろう。。わからなかった。

a0258087_18135020.jpg

バラの絡まるガーデンシェッド。写真には写っていませんが、大きなギボウシの様々な緑色が日陰を彩っていました。


memo~気に入ったバラ。名前がわかるものとわからないもの。

a0258087_18124794.jpg

コンテスドゥシャンパーニュ

a0258087_18144371.jpg

マダムたちが驚いていた大きなブラックティー

a0258087_18152552.jpg

フォーチュンズダブルイエロー 育ててみたい。とげが鋭いみたいだけれど。

a0258087_1821012.jpg

クラウンプリンセスマルガリータだったと思います。。わからない。

a0258087_18224357.jpg

多分、ヴァリエガタディボローニャだと思うのだけれど。


[PR]
by fakkotica | 2013-06-19 18:36 | gardening

満開のナエマと、びっくり唐辛子スプレー

2013年の初夏のバラも、そろそろ終わりのころを迎えています。あとは、遅咲きのバラの開花を待つだけです。

a0258087_85469.jpg

ナエマ。
a0258087_872073.jpg

満開のころ。
a0258087_88490.jpg

花と雨の重みでたわんでしまいました。
a0258087_884374.jpg

ずっと見ていたいけれど、花摘み。


週末に雨が降ったので、花びらが痛んでしまいましたが、香りは変わらず。

草むしり、花柄取りなどの作業も、癒しのアロマに包まれて、うっとりしながら行いました。
まだまだ、花いっぱいで、もったいないなと思いながらも、夏に向けて、花を摘み、込み合った枝を少し整理しました。ごみ袋がピンク色の花でいっぱいになるほどです。開花に力を尽くしてくれたバラたちに、お礼を言いながらの作業です。

今年は、アブラムシとアリが沢山発生しています。共生関係にあるため、どちらかを追っ払っても、だめなようです。薬剤を散布すれば済むことかもしれませんが、ひとつひとつ蕾と新芽をチェックしてアブラムシを手で駆除していきました。恵みの雨でシュートもどんどん出てきました。

a0258087_8105228.jpg


以前、エタノールに唐辛子を漬け込んで置いた、虫撃退液ができあがりました。10mlを1Lの水で割って、びっくり唐辛子スプレーを作りました。薄いんじゃないかなと思ったのですが、ちょっと手についただけで、ぴりぴりします。顔についたら大変!風の向きに注意しながら、夕方になるのを待って作業しました。
試しに、梅の木についた大量のアリにスプレーしたところ、あっという間にアリがどこかへいってしまいました。バラにスプレーしたら、やはりアリンコが逃げていきます。ついでにバラゾウムシや蚊なんかも飛び出してきました。
殺虫効果は低いようなので、アブラムシは手でつぶしました。気味が悪くて、抵抗はあるのですが、慣れてきて多少へっちゃらです。ただ、毛虫なんかを触ってしまうと、湿疹ができるので注意しながらの作業です。
先日使用した、ケンソーバスオイルを使ったアロマスプレーでは、少し葉が焼けてしまったのですが、唐辛子スプレーでは大丈夫でした。濃度は150倍くらいまでが限度で、それ以上薄めると効き目は半減です。殺虫剤ではないので、虫は追っ払うだけなので要捕殺です。それにアブラムシは病気も仲介するので、消毒は欠かせません。


a0258087_811282.jpg

満開のころのサマーソング。個性が強いですが、香りはぴかいち。真夏には、葉っぱがちりちりになり心配しますが、とても強いです。
a0258087_8122838.jpg

妹もサマーソングのそばがお気に入りです。よい香りがするからかな。。


a0258087_81321100.jpg

絞りがとてもきれいに出てくれたビエドゥー。昨年に新苗で購入して、鉢植えで管理していました。地植えにしたら勢いがでてきましたが、葉っぱが小さ目で、まだまだ心配です。

a0258087_8353380.jpg

コンテスドゥセギュール。おおらかな姿と色が明るい個性の持ち主。

a0258087_8354599.jpg

アイスバーグ、上品。ピンクがかった蕾~控えめなフリル~軽やかなシベを見せて・・・



こうして庭いじりができる幸福な時間を大切にしたいです。平凡で静か過ぎて、大きなドラマはないけれど、とても愛おしい日々です。
[PR]
by fakkotica | 2013-06-18 08:24 | gardening

植物に、言葉は伝わらないけれど。

a0258087_13163685.jpg

フレンチローズ、コンテス・ドゥ・セギュール



植物は、話しかけながらお世話をすると、よく育ち美しい花を咲かせてくれるというけれど、どうやらそれは間違いで、言葉だけではよく育たないようです。

では、なぜ、こんなことが言われるようになったのかというと、人は話しかけながら、「撫でる」「触れる」ことをしていて、この刺激が植物をよく育てることに繋がっているからなんですって。植物は触れられると、身体にエチレンという物質を発生させ、結果、たくましい茎をのばし、美しい花を咲かせるのだそうです。
日々のお世話で、心から大切だよ、と素直な思いで話かけているうちに、知らず知らずに撫でるという行為を行っているのかも知れませんね。さらに、花は茎が支えられるだけの大きさ、数しか咲かせられません。よいお花を咲かせたいと思ったら、やっぱり、よく撫でてあげることも大切なんだそうです。


人との関係においても、同じようなことが言えるのではないかと思っています。かける言葉に心がこもっていなかったり、自分の都合や思いばかりを投げられても、自分が大切にされているとはとても思えません。心に響くうれしい言葉や感謝の言葉、心に痛いけれど言うべき言葉をかけてくれる人とは、いつも会いたくなります。
Keep in touch! 遠く離れてしまって思うように会えないけれど、ずっと繋がっていたい人がいます。
そんな、あなたに会いたいと素直に伝えてくれる友人との関係を、この先も育んでいきたいと思っています。
このところ、人との関係で、心を悩ませるようなことが起きて、そんなときいただいたアドバイスに救われました、お礼の気持ちを込めて。


fin.
[PR]
by fakkotica | 2013-06-14 13:30

農業園芸センターのバラ

雨ふりの一日。今週は、くもり空が多いです。

バラにとっては、恵みの雨かな。お花もぎゅっとエッセンスを抱え込んでいるのか、色も香りも素晴らしいです。

私の写真では表現しきれない、美しいジュードジオブスキュア。蕾が開くときに雨や強い日光に当たると、花びらが痛みます。完璧な花姿をもう一度見たいと思っても、今年中にかなうかどうか・・・。だからこそ、大切にしたい瞬間です。

a0258087_1975840.jpg

蛍光灯の光で、色がうまく出せませんでした。修正しないと・・・また、写真を撮ろう。

日曜日に、仙台市農業園芸センターに行ってきました。お花好き、野菜好きにおすすめの、デートにもぴったりのドライブスポットで、私が小学生にできた施設です。
荒浜周辺は青々とした田園風景が広がる、本当にのんびりとした場所でした。そんな場所だったので、津波の後、心にひっかかってはいましたが、悲しくなるのがいやで足が遠のいでいました。それが、この日は不思議と足がそちらに向かいました。バラの力なのかな?

a0258087_1953823.jpg

むこうが海。田園風景が広がる地域でした。遠く防風林が見えます。

聞いていたとおり、熱帯植物が育てられていた温室は閉鎖されていました。あの日に起こったことを思います。つらくて、悲しいこと。
落胆しつつ、園内を奥に進むと、驚くことに、色とりどりのバラが咲き乱れていました!
とてもうれしくて、ダッシュで写真を撮ってきました。丁寧な作業が容易に想像できるくらい、とてもよく管理されていて、心を打たれました。

a0258087_1933372.jpg

ばら園。

a0258087_1942087.jpg

迷路。だったところ。小さいときに遊びました。

a0258087_1944632.jpg

温室。


なんとなく日常が戻っている仙台市ですが、沿岸部は、時がほんとうにゆっくりゆっくりと流れています。建物はなにもなく、遠くでは工事車両が土煙をたててながら、砂利を積み上げていました。土地のかさ上げなのか、防潮堤なのか、果てない作業に思えます。数キロは見渡せるような、不思議な風景です。防風林が折れたまま枯れていて、砂浜にはぐにゃりと曲がったフェンスがそのままです。浜にたてられた慰霊碑にはお花が供えられていて、浜を訪れる人がひとり、二人と後を絶ちませんでした。皆、言葉を発することなく海を遠く眺めたまま。何ができるのか、何をあきらめるのか。それでも、前に進んでいると信じるしかありません。

この近くに、うちのお米を作ってくれている農家さんの家があります。やはり津波で大きな被害に遭い、それでもその年のうちに農作業を再開されていました。地震以来、うちには一度もお米が届きません。塩害にあった田んぼがまだまだたくさんあるだろうから、こちらに回ってくる収穫がないのだな、仕方がないな・・・。そのうち、田んぼも復活するだろうからしばらく待とう、そう思っていましたが、父に聞いたら、もうお米ではいただいていないということでした。そして今年は、うちの田んぼに稲の姿はありません。民主党の減反政策で、補助金がもらえるからなのか、田んぼに稲がない理由をわからないままにしています。当たり前だったことが当たり前じゃなくなり、知りたくないことは知らないでおきたい、そんな感じです。
[PR]
by fakkotica | 2013-06-12 19:21 | gardening

幸せカードの存在

つい最近、ある方のちょっとした提案から、不思議な連鎖反応が起きて、飛び石をスキップして渡っているような気分です。「勘」で動いたら、相手の「勘」が働いて、それがよい感じでつながっています。

こんなときは、作為的に動いたり、理屈で判断したりすると、あっという間に連鎖が止まってしまうので、静かに次の出来事を待つようにしています。

そんな、楽しいつながりの真っ最中に、すっかり忘れていた「幸せカード」の存在を思い出しました!
a0258087_1612696.jpg

悩みがいっぱいで、ひとりで解決できないけれど、誰かに相談することもできない状況で、ちょっとした助けになってくれる「幸せカード」。
このAnano"さんのCartes Bonheur 、フランス版に引き続き、イタリア版も素敵なんですよ。

「勘」で動いた方がいいなって感じたとき、どうしても、左脳が働きそうになったときに、
考えが凝り固まって、先に進めなくなっているようなとき、
自分が潜在的に持っているメッセージを引き出すきっかけになってくれるんです。

カードを切って、好きな方法でカードを引く。枚数や、やり方は関係なし。カードに書いてある数字や写真、単語からヒントを得て、「こういうことかな?」というように、自分でカードのメッセージを解釈します。

他にも、好きな本や辞書をさっと開いて目に入った文章や、単語にヒントを得たり・・・
言葉から何かをイメージするのが得意な人には、ぴったりかもしれません。

a0258087_1615998.jpg

色の本も好きです。

美味しいもの食べたり、音楽を聞いたり、香りをかいだり、土を触ったり・・・感覚に訴えかけるリラックス法もよいけど、リラックスだけじゃ足りなくて、具体的な「何か」が欲しい時には、「言葉」を探してみるのもいいかもしれません。


落ち込んで眠れなさそうな夫に、試しに(笑) カードを引いてもらいました。
「何かメッセージを受け取った?」と聞いたら、「何も」だって。つまんないの。


fin.
[PR]
by fakkotica | 2013-06-07 16:04 | therapy etc.

結婚記念日が過ぎて。

a0258087_18393674.jpg


湿気がつよくて、頭がぼーっとしてます。
仙台も梅雨に入ったのかと錯覚してしまうようなお天気。確認したら、まだ東北南部は梅雨入りしていませんでした!春でもないけど夏でもない、曖昧さ。

先日、夫が結婚記念日のことを覚えてくれていて、お祝いをしてくれました。
気に入っているフレンチのお店で、ディナーをいただきました。

a0258087_18381542.jpg

a0258087_18383157.jpg

a0258087_1838481.jpg

ごちそうさまでした♪ シェフ2さんがお気に入り。

大げんかをして家出騒動もありましたが、なんとか乗り越え、結婚4年目に突入。
これまでの山あり谷ありは、大きな山のぼりの途中だと思ってます。

まだまだ、夫におんぶにだっこで、泉ヶ岳にしか登れませんが、ふたりで富士山に登れるように、いつまでも健やかに楽しく、目標をめざしてがんばっていける関係を作っていきたいなと思います。

今日は、素敵な詩に再会したので、こちらを添えておしまい。
ワーズワースの「草花の栄光」

fin.



あの草原の輝きや草花の栄光が帰らなくても
嘆くのは止そう
残された物の中に力を見出すのだ
かつてのあのまばゆい輝きが
今や永遠に奪われても
例え二度と戻らなくても

Then sing,ye Birds,sing,sing,a joyous song!
And let the young Lambs bound
As to the tabor's sound!
We in thought will join your throng,
Ye that pipe and ye that play,

Ye that through your hearts to-day
Feel the gladness of the May!

What though the radiance which was once so bright
Be now for ever taken from my sight,
Though nothing can bring back hour
Of splendor in the grass,of glory in the flower;
We will grieve not,rather find
Strength in what remains behind;

In the primal sympathy
Which having been must ever be;
In the soothing thoughts that spring
Out of human suffering;
In the faith that looks through death,
In years that bring the philosophic mind.

[PR]
by fakkotica | 2013-06-06 18:46 | daily life

日焼けケアもシンプルに

a0258087_21452379.jpg


いろいろ拘りすぎると、なんでもかんでもコスメが欲しくなってしまって、何をどうしていいのかわからなくなってしまうので、自分なりにシンプルに整理してみました。
紫外線によるシミ・シワを「防ぐ」ためのポイントは3つ。
肌に紫外線を当てない、肌の酸化を防ぐ、肌を乾燥させない、こと。

何はともあれ、日焼け止めはマストアイテム。油断するとヒリヒリ痛む耳たぶ、年齢の出やすい首までしっかり塗ってます。シミと同時にしわ予防でもあるので、この歳になると真剣です。

*紫外線は、主に2種類。(C波もあるんだけれど)

UVA(A波)は長い波長。肌の角質層のさらに深いところ真皮に届き、コラーゲンやエラスチンを破壊する。真皮はそうめんの束状になったコラーゲンが格子状にならんでいて、格子どうしを束ねているのがエラスチン。紫外線でエラスチンがバチンと切られると、格子もばらばらそうめんも散らばり放題。実年齢より相当上のごわごわ老化肌に。そして、コラーゲンやエラスチンの原料となる良質なたんぱく質の補給は、食事から!外からのケアは角質層までが中心。コラーゲンやエラスチンは角質層の「奥」の真皮にあり。。

UVB(B波)は短い波長。短い波は鋭く強く、皮膚のバリアである角質層に炎症を起こさせ、肌が赤くなる。オゾン層などに守られて地上には10%程度。直射日光を浴びないようにすることである程度防げる。


*肌の酸化対策で同時に脂性肌・毛穴対策
自然のオイルは肌にやさしいから大丈夫と思いがちですが、酸化しやすいオイルもあるので気をつけたいところです。酸化しにくいのは、ホホバ、アルガン、オリーブオイルあたり。いくら酸化しにくいとはいっても、保管にはひと工夫を。大きい瓶の場合は小分けで早めに使い切ります。酸化防止剤の入っているクリームなども、期限を守って使います。

*酸化でよくあるトラブル*
・保存方法、使い方が悪くて化粧品が酸化してしまっている
→肌が荒れるのは化粧品が合わないのだと思い込みがち。使用期限をちゃんと守る。
・自分の出す脂質にかぶれる
→肌水分が足りなくて過剰に脂が分泌されている。乾燥ケアに切り替えたり、脂漏性湿疹の場合は皮膚科に相談する。
・毛穴が黒くなる
→酸化した油分がほこりやごみといっしょになってしまっている。化粧直しは重ね塗りせずに、一度落としてから。


*乾燥肌は刺激を受けやすい肌
痛んだ角質をさらに刺激すると、角質がぼろぼろになり、さらに奥まで紫外線などの刺激が入りやすい肌になります。乾燥したら即、保湿。夏は特に保湿をこころがけて健康な角質を保つことが第一目標です。丈夫なバリアがあれば、土台までは傷つきません。肌が強くなると、トラブル回復も早くなるので。

もし、お肌が真っ赤になるような日焼けをしたら・・・=火傷なので皮膚科にゴー!皮膚科に行けない場合は薬局に相談。やたらと化粧品で刺激せず、冷たいタオルで冷やす!とにかく、冷やす!
そのあと、ラベンダーウォーターやカモミールウォーターのスプレーで炎症を抑えて鎮静します。スプレーなら、手やコットンの刺激もないし、敏感になっているお肌にも刺激が少なくてよいかと思います。
あと、ビタミンC。ローズヒップティーをごくごく。クエン酸たっぷりのハイビスカスとのブレンドが疲れも取れるので一石二鳥。そうそう、ヒース(エリカ)をブレンドすると、アルブチンという美白成分も摂れるので、こちらのブレンドもおすすめです♪

友人と、日焼けケアの話で盛り上がったので書いてみました。書くことで、改めて自分でも勉強になったので、気持ちも新たに、スキンケアしていきたいと思います♪
長くなっちゃったので、おしまいにしてしまいました。
[PR]
by fakkotica | 2013-06-05 21:56 | cosmetics

庭仕事~バラのフェンス立てと草刈り

6月最初のお休みに、家族で庭作業をしました。

改修工事で日中は妹ワンコを庭に放せず、いっしょに過ごさなければならなかったため、庭の雑草・芝生は伸び放題の荒れ放題。
工事がひと段落したところで、父の出番です。芝刈り、雑草刈りで、庭中の草を刈りまくりです。青臭い緑の空気が立ちこめて、あー庭仕事がんばってんなあ!とこちらまでやる気満々になりました。
こまかいところは、私の出番。ちみちみと、一本一本雑草を抜いていきます。そして、母は倉庫の片づけ。妹ワンコは、鳥追いで庭中を縦横無尽に走り回ります!どどどど・・・・!家族中がストレス発散で、もくもくと作業。

a0258087_19372246.jpg

バラがあまり好きではない父ですが、余っていたフェンスを杭で固定して、トレリスみたいにバラの後ろに設置してくれました。これで、つるが高く育ってくれるとうれしいなあ。あと2年もすれば、花いっぱいになってくれるかな?

a0258087_19445031.jpg

a0258087_19382031.jpg

去年、新苗で購入したジュリアさまと初顔合わせ。蕾からは想像できない、ヴィウー・ローズ色のマットな質感にフリル!噂どおりにおしゃれなバラで、感激です。

a0258087_19384459.jpg

アンシャンテ!ラトゥールも咲き始めました。グレーがかったベビーピンクのロゼット咲きに小さなボタンをのぞかせています。一年に一度のご対面。

a0258087_1941079.jpg

a0258087_1942137.jpg

深いカップ咲きのすばらしいオレンジのブロンズ色。サマーソングも大きくなりました。とにかく香りがすばらしいです。妹も気に入ったみたい。

a0258087_19422729.jpg

ナエマ!他、まだまだ蕾がいっぱいで、満開を待っているところです。

a0258087_19425448.jpg

楽しみが、まあだ、待ってます♪
[PR]
by fakkotica | 2013-06-04 19:45 | gardening


バラと庭の木々のことやアロマテラピーやハーブについて。キングチャールズスパニエルの妹との生活。


by Fako voix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

今シーズンの庭3 ~イングリ..
at 2014-07-28 20:37
ぬか漬け美人とコーボンのぬか..
at 2014-07-24 21:26
赤ちゃんも使える虫よけアロマ
at 2014-07-22 16:20
梅雨の頃のハーブティー
at 2014-07-18 08:30
ゴッホのひまわりが仙台にきま..
at 2014-07-17 09:00

カテゴリ

全体
daily life
aromatherapy
flower essence
cosmetics
herb
gardening
travel
short trip
therapy etc.

画像一覧

検索

タグ

ライフログ


























外部リンク

その他のジャンル

フォロー中のブログ

イタリア料理教室 Buo...
La Fleur
NOYAU et cet...
浜松の刺繍教室 l'At...
気ままな日々綴り

*お願い*

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストなどを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

花・ガーデニング
美容・健康

広告