カテゴリ:therapy etc.( 11 )

惑星と星座とハーブ

11月も後半に突入したので、今年の反省(いっぱいあります)と来年のことに思いを馳せます。

日々の出来事の積み重ねに心がいっぱいで、短いスパンでしか物事をとらえられなくなっています!
ひとつ年を取るタイミングに、自分がどうしたいのか、将来どうありたいのか、5年後10年後のことを現実的な視点で考えなければならないなあと思ってます。(この手のことが一番苦手です)
ちょっと想像してみると、5歳年取った自分って・・・恐い!でも、何もしてなくても年月は経つのだー汗

運命辞典を引っぱりだしてきて、来年はどんな年になるんだろう・・・運気に逆らわないように、うまく生かせるように参考にしてます♪

そういえば・・・占星術好きな友人が興味を持ったようなので、惑星別に対応するハーブをピックアップしてみました。アロマを選ぶ際にも参考にすると楽しいです。

a0258087_14583598.jpg


NARDだと、電子座標系グラフを使った精油の選び方を習うのですが、他に4大元素で選んだり、いろいろやり方があると思います。

いろいろ集めてきた資料を見ながら、表を作ってて、あれ?と思うこともあったので、今回はあくまでも惑星別に対応したハーブです。自分でぴんときたハーブだけをピックアップしています。


fakko
[PR]
by fakkotica | 2013-11-20 15:04 | therapy etc.

厄介な感情の理由

a0258087_1513826.jpg

袋の中には意外なものが・・・


今日は、けっこう、大事なことだなと思ったので、頭に浮かんだとおりに忘れないように書こうと思います。

毎日の出来事に対して、沸き起こった感情、怒り、妬み、悲しみ、寂しさ、わくわく、幸福感、悦楽、絶望、愉悦・・・振り回されて、

「今日は、こうこうこういうことがあって、ほーんと、あったまきたあ!信じられない!」
よくある会話。私も愚痴りたいほうだから、つい口に出しちゃいます。

ぐちって発散!ストレス解消!とりあえず。一番簡単に感情にとらわれない方法は、忘れること。
なんだけど、余裕があったら、敢えて自分から感情にむかっていくことも感情を解放するひとつの方法だと思ってます。

今、自分がとらわれている感情はどうして起こったか、あまり考える機会はありません。
なぜ?と考えていくと、忘れている何か、普段見ようとしない気持ちが見えてくることがあります。

怒ったり泣いたり、笑ったり喜んだり、感情は他者からの働きかけ、なにかのスイッチがあって湧きあがります。
人と会ったり、映画を見たり、運動したり、仕事したり・・・
なにがスイッチかはわからないし、なぜONになったのかもわからない・・・この部分を解明していくと、感情そのものの原因が実は、自分の中にあったということがわかったりします。

いつもは、友人に愚痴ったり、他の行為でごまかしたり、うまくやり過ごす・・・感情は流れるものだからね。
ときに、流れるままにしておいては、時にもったいないこともあるように感じています。


感情は自分だけのもの。まったく同じものを他人と共有することができません。
だから、自分以外の誰かに意見を求めても、所詮は自分のものではない物差し。仕方のないことなんだけど、相談してはみたけれど、なんだか釈然としないということがあったり、期待した答えが得られず逆に腹が立ったり、そういうことがあります。

だから、たまには自分でがんばって解決してみる。理由を深く、探ってみる。あら不思議。あー、そうだったんだ~、本当はこう思ってたんだ~ とか、肩の力が抜けて楽になったり、もっといい方法がひらめいたり。

夜が長いし、自分の中にある感情、「私はこれが好き、きらい。why?」「私はこれが正しいと思って、絶対に進めていくよ!why?」「私は食べ物でストレス解消してる。why?」「大好きだったものに興味がなくなった。why?」「今、怒ってる。今悲しい、今楽しい・・・etc.」

考え出すと、深い意味が隠れていることも!楽しいです。
それに、表に出ている現象と心に持っている感情が相反したものだったり、別のものだったりするのは普通なことだったりします。
誰でも、表と裏、光と影、ふたつを持っているって当たり前のことだから、心配しなくて大丈夫。

なんか、まとまりがないけどおしまい。


fakko
[PR]
by fakkotica | 2013-11-13 15:14 | therapy etc.

記憶の上書き

a0258087_19254093.jpg

海と

a0258087_19271727.jpg




夏は、日本人にとって、歴史や過去、故人をふりかえる機会が多く与えられていますね。

思い出すのがつらくて、封印している記憶は、できることなら、勇気を出して再び向き合ってしまったほうが、楽になることがあります。

会いたいけれど、かなわない人。 後悔していること。 選択。 

あの時は、こう思ったけれど、今の自分は違った見方があると知った。

前に進めなくさせていた過去のこと、今の自分になら、意外にすんなり受け入れられることがあります。
そうやって過去の自分を肯定することで、今の自分を肯定できるようになる。

今日は、たまたま、そんなことがふわっと起きて、ひっかかっていた過去の記憶が上書きされてしまいました。

いらないもの、いつまでも持ってても仕方ないものね。
新しい風が入ってきそうな、嬉しい気分です。
[PR]
by fakkotica | 2013-08-15 19:33 | therapy etc.

リンパドレナージで、ぷよ&むくみすっきり。

a0258087_11123257.jpg

梅雨空が続いて、毎日ぐったりですね。。。


つい先日、4月から習い始めた、リンパドレナージの基礎講座が終わりました。

モデルさんの身体をお借りしてのマッサージ、緊張で手先がこわばるし大汗かくしで、レッスン中ぎこちなくて笑われることもしばしばでしたが、最後まで楽しく受講することができました。
自宅では、家族を練習台にしてマッサージするのですが、途中から気持ちよくなるらしくて眠ってしまうことも。それだけ、リラックスしてくれているのだと思うと、やりがいもあります。

リンパドレナージは、リンパ管は皮膚のすぐ下2-3mmに働きかける手技で、優しく皮膚に触れて行います。
誤った手技や強い圧だと、リンパが流れないばかりか、リンパ節がつぶれて炎症を起こすなどトラブルになることも。耳の下やわきの下、ひざ裏、鼠径部など大きなリンパ節がある部分をゴリゴリするようなマッサージには、注意が必要です!!

せっせと、リンパ管に脂肪を流せばぷよ解消にもなるし、足がむくんで痛いとき、寝起きで顔がぱんぱんになったとき、ささっとマッサージするとすごく気持ちがいいです。今までマッサージしてもなかなか解消されなかったむくみも正しい方法でマッサージを行うと目に見えてすっきりします♪
それに、おなかのマッサージをすると明らかに腸が動くのがわかるので、緊張すると腸がかたくなる(過敏性腸症候群)の私にはさしこみ予防にもなるので、とても助かりました。

リンパドレナージは、手のひらさえあれば、パウダーもオイルもいらないから、思いついたときに気軽にできるのもいいんです。

マッサージの後に、リンパの滞りを流すアロマオイルを塗布するとさらにすっきりします。
ジュニパーやサイプレスに、ローズマリー(カンファー、ベルべノンどちらでも)をブレンドすれば、むくみとぷよ解消にいいかなあと思います。
ちなみに、レモンやグレープフルーツもおすすめですが、紫外線に当たるとトラブルの原因になるので、お休み前の使用限定です。

朝は美顔マッサージ(特に、ビール飲み過ぎた翌朝に!!)、夜は脚の冷えむくみ、お腹の脂肪撃退にと、毎日の習慣になっています♪




初心を忘れずに-------------------------

今はすっかり、ぷよ対策にと一生懸命になってしまっていますが、癌治療でリンパ切除をした母の、リンパ浮腫予防のためにはじめたリンパドレナージ。母のことが心配で、いろいろ調べていたとき、ちょうど私のアロマセラピーの先生が講座を開くことを知り、すぐに申し込みをしました。地方ではなかなか学ぶ機会がないんです。
先生は、マニュアルリンパドレナージを東京のフランシラで修得され、医療にも従事されている方なので、親身に相談にのってくださり、とても信頼して学ぶことができました。
残念ながら、手術などでリンパ節を切除した方に対するリンパ浮腫のためのメディカルリンパドレナージの資格は、医療従事者の一部しか取ることができないし、習うことさえできないのが現実です。宮城県にも、そういった資格をお持ちの先生は限られているという現状なのだそうです。それでも、身近な人たちの美容と健康のために、マッサージができればいいなあと思っています。

[PR]
by fakkotica | 2013-07-29 11:15 | therapy etc.

幸せカードの存在

つい最近、ある方のちょっとした提案から、不思議な連鎖反応が起きて、飛び石をスキップして渡っているような気分です。「勘」で動いたら、相手の「勘」が働いて、それがよい感じでつながっています。

こんなときは、作為的に動いたり、理屈で判断したりすると、あっという間に連鎖が止まってしまうので、静かに次の出来事を待つようにしています。

そんな、楽しいつながりの真っ最中に、すっかり忘れていた「幸せカード」の存在を思い出しました!
a0258087_1612696.jpg

悩みがいっぱいで、ひとりで解決できないけれど、誰かに相談することもできない状況で、ちょっとした助けになってくれる「幸せカード」。
このAnano"さんのCartes Bonheur 、フランス版に引き続き、イタリア版も素敵なんですよ。

「勘」で動いた方がいいなって感じたとき、どうしても、左脳が働きそうになったときに、
考えが凝り固まって、先に進めなくなっているようなとき、
自分が潜在的に持っているメッセージを引き出すきっかけになってくれるんです。

カードを切って、好きな方法でカードを引く。枚数や、やり方は関係なし。カードに書いてある数字や写真、単語からヒントを得て、「こういうことかな?」というように、自分でカードのメッセージを解釈します。

他にも、好きな本や辞書をさっと開いて目に入った文章や、単語にヒントを得たり・・・
言葉から何かをイメージするのが得意な人には、ぴったりかもしれません。

a0258087_1615998.jpg

色の本も好きです。

美味しいもの食べたり、音楽を聞いたり、香りをかいだり、土を触ったり・・・感覚に訴えかけるリラックス法もよいけど、リラックスだけじゃ足りなくて、具体的な「何か」が欲しい時には、「言葉」を探してみるのもいいかもしれません。


落ち込んで眠れなさそうな夫に、試しに(笑) カードを引いてもらいました。
「何かメッセージを受け取った?」と聞いたら、「何も」だって。つまんないの。


fin.
[PR]
by fakkotica | 2013-06-07 16:04 | therapy etc.

リンパドレナージ講座に行ってきました~2回目

今日はリンパドレナージ講座の日でした。前回は、座学で解剖学を3時間。いよいよ手技の授業です。

以前にちょこっとエステを習っていたことがあったのですが、リンパドレナージの手技はこれまで、見たことも触られたこともない、初めての感触。皮膚のすぐ下2,3㎜の部分に働きかけるものなので、さわさわと優しく肌をのばすような感じで触っていきます。

リンパの流れる仕組みやを勉強すると、ものすごい圧でごりごり脇の下や膝の後ろ、お尻まわりを刺激するような方法が間違いだったことに愕然としました。だって、どこかのエステ店で、リンパドレナージュとやらを受けた記憶が凄まじすぎて。パンツ1枚で3人がかりでやられたあの、痛みと恥ずかしさを我慢して受けた「リンパドレナージュ」はいったい何だったのだろう。リンパ節が壊れてしまったら大変なことになっていました。続けていなくてよかった・・・。

a0258087_1512676.jpg

タオルの扱いひとつも慣れないともたもたしてしまいます!サロン用のタオルをお手頃価格で見つけました。ただのタオルなのですが、いつものタオルと違ってちょっとわくわくします。


正しくリンパを流すと、脂肪がリンパに溶けて流され、二の腕・太もも・おなかのぷよが改善されるということを聞き、断然やる気に。さらに、顔の一番の悩み、たるみによる法令線対策にもなると聞けば、肩に余計な力も入るわけです。
どおりで、先生のお顔が白くてつるっときれいなのもうなずけます。美と健康にたずさわる方って、おきれいな方が多いのですよね。例外なしに。

いよいよ手技の練習、半袖短パンスタイルでいざベッドに横になり、まな板の上の鯉状態に。施術していただいて血行が良くなっているためか、緊張のためか、汗だくな私。ペアを組んだ方がすごくお優しい方で、嫌な顔ひとつせず手技をしてくださって、ほっとしました。
そして次はいよいよ私が施術をする番です。さっきまでマッサージしていただいたせいで副交感神経が全開でぼわんとしてます。なのに、頭を使って手技も覚えて・・・というのは、けっこうしんどいもの。たとえて言うなら、寝入りばなに無理やり起こされて、ラジオ体操しているような、おかしな状況です。すっかり最後は集中力を切らしてしまいましたが、がんばりました!

あっという間の3時間。帰り道、目がしょぼしょぼでやっと運転して帰ってきました。
さっそく今日は、誰かに練習台になってもらう予定。リンパドレナージは、する方もされる方もすごく癒されます。次の授業も楽しみです♪


私が「リンパドレナージ」を習おうと思ったのは、母ががん手術でリンパ廓清手術を受けたことがきっかけでした。手術して2年近くが経ちますが、起床後と、長時間同じ姿勢を続けたあと、むくみが出るようになってしまったのです。まだ、強い浮腫が出ているわけではないのですが、すこしでもリンパのしくみを知って、浮腫の予防ができたり、リラックスさせてあげられたらと思っています。
この数年の間に、父が脳梗塞に脳腫瘍に肝炎、母も2回のがん手術など、家族が大きな病気を何度もしてしまいました。幸いにも今は元気に過ごしていますが、親も年を取っていくものですね。家族が病に倒れたとき、医者ではない自分は本当に何もできず、何の力にもなれず、何度もはがゆい思いをしました。たとえ、患者の家族であっても、メディカル従事者ではないので手出しができないのです。

今習っている手技も、あくまでも「健康な人」限定です。それでも、リラックスしてほしいとき調子が悪い時に、「触る」行為から一歩すすんだ「癒す」行為ができたらと思います。リンパドレナージの先生に母の担当医師に一度相談してみてはというアドバイスをいただいたので、こんどの定期検診の時にでもいっしょに行ってみようかと思っています。父の脳梗塞の後遺症、触覚の麻痺にもいいかな。タッチングの効果は本当に絶大だと思います。


[PR]
by fakkotica | 2013-04-16 15:25 | therapy etc.

スノーグースが届きました

白い花、ふんわりとした姿のつるバラが欲しくて見つけたスノーグース。
バラをはじめて3年目に入り、もうこれ以上は我慢しなくてはと思っていたのですが、バラの先輩さんのすすめもあり、ぽちっと購入。

いつ来てくれるかとても楽しみに待っていたら、本日お嫁に来てくれました。

うちのバラたちより、葉っぱがうんと茂っています。スノーグースのご実家は埼玉。仙台より1か月は季節が進んでいるようです。また寒さにあってしまいますが、がんばって耐えてくれるかな。

実家と自宅を行ったり来たり。 自宅の小さなベランダには、もうバラを増やせないのに。夏になったらどうしようか、洗濯物どうしよう・・・悩むことより、育てる楽しみが勝ってしまっています。

a0258087_19474719.jpg

きょうは、ベランダに置いただけ。
バラの家さん、最初のお花が終わったあとの鉢替えで間に合うように植えつけてあり、慌てなくても安心です。箱入り娘をいただいたのだから、嫁ぎ先でも大切にしなくては。

スノーグース 
デイビッド・オースチンばら 繰り返し咲き シュラブ 中香 初心者OK
 

[PR]
by fakkotica | 2013-04-13 19:58 | therapy etc.

冬ごもり中の発見~読んだ本のこと

a0258087_929413.jpg


以前に参加したハーブとアロマの講座にて。

精油の香りは、実際に体験することができないためか、精油辞典などを読むたびに、工夫が凝らされているなあと感じていたのですが、ハーブ字典の説明は意外にシンプルあっさりなことが当たり前。
ルーツは同じ植物なのに、なぜなのかな、この本に出会ってカルチャーショックを受けました。シンプルあっさりではない説明。
何か方法というか、作法というか、テイスティングの方法があるの? 思い切って先生に質問をぶつけてみたら、感じたままを書いていますよ、 とおっしゃっていました。
先生に促されながら、ハーブを体の中に取り入れてみると・・・何かが体に広がっていきました。すごい!
植物そのものに「集中」して、自分の感覚を研ぎ澄ます、予備知識は捨ててメッセージを受け取る、この時間やプロセスそのものに、とても癒されました。
ハーブをハーブとしてだけでみるのではなくて、植物そのものとして捉えているので、掲載されている写真も生きている感じ、元気があふれているような画像が選ばれていると思います。

英国流メディカルハーブ



それから、ドラゴンヘッドを使った占星術。
Jan Spiller の Astrology for the soul という本。日本語タイトルは『前世ソウルリーディング』とあって、なんだかしっくり来ないのですが・・・
自分のシャドウの部分を知るヒントがつまっていて、よりよく生きるための智恵を授けてくれる本。
その時々の状況に応じて、解釈も受け取るメッセージも違うのですが、何かしら発見があって元気になれます。

前世ソウルリーディング



セミナーに参加させていただいた、英国在住のメディカルハーバリスト、リエコ・大島・バークレー先生の記事が掲載されています。説得力のある言葉で楽しくお話してくださいました。

セラピスト4月号

[PR]
by fakkotica | 2013-04-04 09:33 | therapy etc.

冬眠してました・・・春から活動です。

a0258087_9958100.jpg

4月になりましたが、まだまだ冬枯れな感じの庭。やっと、地震で壊れた家と庭の修繕がはじまりました。造園やさん数人がかりで崩落した部分を直してくれて、痛んだ庭木の剪定や移植をしてくれました。キンモクセイと妹。


11月以来のエントリー。

すっかり冬ごもりしてしまいました。

秋からの活動に軌道修正が必要になってしまって、やりたい方向は合っていたのだけれど、タイミングと手段があやまっていたようで、それで、春になっての仕切り直し。

なかなか、自分で動きが取れないなと思っていたら・・・
アロマのお勉強で新しいつながりができたり、憧れの先生の講座にお誘いいただいたりと、止まっていた時間がチクチクと動き出しました。

不思議なもので、よいタイミングで、習うならこの方に・・・という方からお声掛けをいただいて、今までご縁のなかった、トリートメントの講座に参加させていただくことになりました。
タッチングの重要性については、アロマの先生方がそれぞれ、親しい人に対してなら難しいこと抜きで、「触れる」こと自体が癒しなんですよと口をそろえておっしゃっていたのが印象的です。

これから1年以上かけて、家族や親しい人のために、ちょっと心と体の調和が乱れたときに助けになりたい、という思いで勉強していきます。


それと、欲ばりなことにリンパドレナージの講座にも参加させていただいています。
これは、リンパ廓清手術後の浮腫予防に母にやってあげたくて習うことにしました。
先生自身も亡くなったご友人に施術をして差し上げたかったという思いで勉強されている方なので、とても信頼しています。


memo
トリートメントでは、タオルがとても重要です。オイルをたくさん使用するので、酸化したオイルが臭ったり、洗濯もたくさんします。大判サイズのバスタオルが2枚あると とても便利。
最初はニトリさんや無印で購入しようと考えていましたが、大判バスタオルというのがなかなか見つかりません。タオルケットを2枚に切ってミシンで縫ってもいいのですが、ちょっと面倒だったので断念。ネットでエステ用品の卸し会社があることを知ったので、La lunaさんというお店でフェイスタオルとのBセットを購入しました。業務用品を見ているだけでとても楽しいです。ベッドも意外に安価なものもあるので驚きました。セラピストさんのブログを読んでいると、よい商品を紹介してくださったりしていてすごく興味深々。これから、自分で試行錯誤しながら探すことも楽しみのひとつになりそうです。

[PR]
by fakkotica | 2013-04-04 09:12 | therapy etc.

描くことは祈ること~東山魁夷展

先日、東山魁夷展を観てきました。

a0258087_19334136.jpg


以前ブログでも少し触れた「道」と白い馬と緑の絵(「緑響く」)がわたしのなかでは、強い印象を残していた画家でしたが、あらためて、多くの作品を観、画家自身の言葉に触れ、多くの学びを得ることができたすばらしい体験となりました。

作品をめぐる最中、魁夷と同じ時代を生きた書道家の祖父のことを思い出していました。本当は画家になりたかった祖父、当時の東京美術学校にもぐりこんでいたというエピソードを聞いていたこともあり、岩絵の具の並んだ祖父の書斎と祖父の想い出がこみ上げてきて、ちょっとうるっと来ました。明治から昭和へ、変化と苦難の時代、祖父と魁夷の歩んだ道に思いを馳せながらの絵画めぐりでした。

絵画全体にふんわりとやわらかな色彩が広がるのは、日本絵画の特徴でもあるのですが、魁夷の絵からは、日本と同様に森と水に恵まれた豊かな自然の広がる、北欧の色彩や雰囲気が漂っているのはなぜだろうと常々疑問を持っていました。やはり、魁夷はドイツや北欧の旅を経てきたのだということがわかり、なぞが解けてすっきりです。(ヨーロッパの強烈な太陽の元では、コントラストが強くて明るい色彩が際立った絵画が多いのです。)

作品の解説に、魁夷が日ごろ「描くことは祈ることである」と語っていたという言葉があり、ずきんと心が打たれました。遠藤周作が書斎机の後ろの壁にルオーのキリスト像を飾っていたというエピソードが思い出され、芸術家は神様といつもつながっている存在なのだと思わずにはいられませんでした。同時に、だからこそ、自分の中の神様=潜在意識を表現できる人、芸術家ってまさに天才なのだと知り、何か圧倒的な力に包まれて、時間が経つのも忘れるくらいでした。

「描くことは祈ること」、私にもできること、祈りに通ずることって何なのかなあ、自分の中の神様に繋がることが難しい凡人でも、できそうなことってなにかなあ。せめて日常の中で自分の内なる声に耳を傾けることをこつこつやっていくことくらいかもしれません。それが「祈り」と呼べるようなものだとしたら。こじんまりと自分に向けて言葉を書いてみたり、パステル持ったり、精油のブレンドをしたり、そういうことで心の声をこっそりと表現したいなあと改めて思いを強くしました。

家に帰り著作を開いたら、序文にかえて、次のような言葉が添えてありました。
「誰の心の中にも泉があるが、日常の煩忙の中にその音は消し去られている。もし、夜半、ふと眼覚めた時に、深いところから、かすかな音が響いてくれば、それは泉のささやく声にちがいない。今迄、経て来た道を振り返っても、私は廣野に道を見失う時が多かった。そんな時、心の泉の音に耳を澄ますと、それが道しるべになった場合が少なくない」
※東山魁夷 『泉に聴く』より抜粋
だとしたなら、私の中にも泉があって、かすかな音が響いてくれたら、目の前に道ができていくのかもしれないなあと、救われた気持ち。


fakko*
[PR]
by fakkotica | 2012-11-06 19:49 | therapy etc.


バラと庭の木々のことやアロマテラピーやハーブについて。キングチャールズスパニエルの妹との生活。


by Fako voix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

今シーズンの庭3 ~イングリ..
at 2014-07-28 20:37
ぬか漬け美人とコーボンのぬか..
at 2014-07-24 21:26
赤ちゃんも使える虫よけアロマ
at 2014-07-22 16:20
梅雨の頃のハーブティー
at 2014-07-18 08:30
ゴッホのひまわりが仙台にきま..
at 2014-07-17 09:00

カテゴリ

全体
daily life
aromatherapy
flower essence
cosmetics
herb
gardening
travel
short trip
therapy etc.

画像一覧

検索

タグ

ライフログ


























外部リンク

その他のジャンル

フォロー中のブログ

イタリア料理教室 Buo...
La Fleur
NOYAU et cet...
浜松の刺繍教室 l'At...
気ままな日々綴り

*お願い*

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストなどを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

花・ガーデニング
美容・健康

広告