カテゴリ:cosmetics( 5 )

秋口、肌ケアに悩んでます。

a0258087_2145891.jpg

せっかくのアイスバーグがこのどしゃぶりでかわいそう・・・



秋の長雨で、急に気温が下がりました。それなのに、湿気が多くて窓を開けているとべたべたします。
我慢しきれずにドライをかけると、涼しくなりすぎて、タオルケットをかぶったり。暑いのか、涼しいのか、自律神経も混乱しています。

私が季節の変化を感じるのは、お肌の不調からです。肌で感じる、言葉どおりです。
こんなに湿気が多いのに、2,3日前から、頬骨の一番高いところが乾燥でぴりぴりしはじめました。
顔のなかでも高い部分には、夏の間に浴びた紫外線で受けたダメージが蓄積されています。もともと痛んでいた肌表面の角質のバリアが、乾燥でさらに荒れてしまってます。さらに今年は、湿気のせいなのか、汗のアルカリにも肌が反応して痛いです。

本来、お肌は皮脂により、弱酸性に保たれています。うるおいをもたらすのも、皮脂です。
それが、夏でさっぱりしたいからと保湿がおろそかになると、さらに表面の乾燥が進み、バリア機能が低下します。さらに、塩分を含んだ汗のアルカリ、汗を拭く摩擦などで、肌のバリアはぼろぼろです。

というわけで、秋口のケアは、クレンジングの見直しからはじめることにしています。
すっきり洗い上げたいのは山々ですが、そこはミルククレンジングでしっとり。肌をやわらかく整えることを心がけます。ちなみに定番は、pescaのフェイシャルウォッシュですが、お肌が落ち着くまでミルククレンジングにチェンジします。

とにかく、こんなとき一番頼りになるのはORLANEのオリゴクレンジングミルクなのですが・・・今はちょっと節約中です。そこで、最近見つけたのが、チャントアチャームのハーバル クリアオフ ミルクです。
ちなみにオルが大手コスメメーカーのグループに入ったこと、ここのところ使っていない理由のひとつです。ジュリーク、THREE もそうなんですよね。そういうのは気になります。


コットンの繊維も痛いし、ヒアルロン酸のべたべたも苦手なので、ハーブウォーターをスプレーしてます。
かゆみがあるときは、ジャーマン(ローマンでもいいです)カモミールウォーターを。 もっと敏感になっているようならラベンダーウォーターがおすすめです。

あとは保湿。 よいコスメはないかなあ・・・今の悩みはシミです。あと、老化全般。

せっかくアロマを勉強したのだから、ストイックにカスタムメイドしたらいいんですけれど。
シミとか、老化のお悩みによい精油はもちろんあります。それらを駆使して自分仕様で作るときもあります!でも、飽きっぽいんです。気分によって、使い分けしてます。 

料理で例えるなら、昆布と鰹節でお出汁を取って素材の味を楽しみたい気分のときもあるし、メーカーさんがこだわって配合しているのだから既成の出汁でいっかという気分のときもある、そんな感じです。

話がずいぶん逸れてしまいましたが、食べ物とか化粧品とか、あまりストイックになりすぎないほうがいいなあと思っています。だから、ケミカルもノンケミカルも、自分が好きなものを選んで使ってます。アレルギー肌なので、それなりに基準がありますけれど。自然のままだからって、刺激がないわけではないし、ケミカルだって信頼できるメーカーさんなら、安心して使わせていただいています。

食品を買うときに添加物とか、原材料とか一生懸命にチェックするように、コスメも成分や原材料をチェックします!メーカーさんのポリシーに共感できるかどうかも、判断材料になります。
ある程度の妥協点をもちつつ、最後は、文字通り、肌に合うかどうかで決めてます。

書いていたら熱くなってしまいました。スキンケア、楽しいです♪


fakko
[PR]
by fakkotica | 2013-09-05 21:58 | cosmetics

日焼けケアもシンプルに

a0258087_21452379.jpg


いろいろ拘りすぎると、なんでもかんでもコスメが欲しくなってしまって、何をどうしていいのかわからなくなってしまうので、自分なりにシンプルに整理してみました。
紫外線によるシミ・シワを「防ぐ」ためのポイントは3つ。
肌に紫外線を当てない、肌の酸化を防ぐ、肌を乾燥させない、こと。

何はともあれ、日焼け止めはマストアイテム。油断するとヒリヒリ痛む耳たぶ、年齢の出やすい首までしっかり塗ってます。シミと同時にしわ予防でもあるので、この歳になると真剣です。

*紫外線は、主に2種類。(C波もあるんだけれど)

UVA(A波)は長い波長。肌の角質層のさらに深いところ真皮に届き、コラーゲンやエラスチンを破壊する。真皮はそうめんの束状になったコラーゲンが格子状にならんでいて、格子どうしを束ねているのがエラスチン。紫外線でエラスチンがバチンと切られると、格子もばらばらそうめんも散らばり放題。実年齢より相当上のごわごわ老化肌に。そして、コラーゲンやエラスチンの原料となる良質なたんぱく質の補給は、食事から!外からのケアは角質層までが中心。コラーゲンやエラスチンは角質層の「奥」の真皮にあり。。

UVB(B波)は短い波長。短い波は鋭く強く、皮膚のバリアである角質層に炎症を起こさせ、肌が赤くなる。オゾン層などに守られて地上には10%程度。直射日光を浴びないようにすることである程度防げる。


*肌の酸化対策で同時に脂性肌・毛穴対策
自然のオイルは肌にやさしいから大丈夫と思いがちですが、酸化しやすいオイルもあるので気をつけたいところです。酸化しにくいのは、ホホバ、アルガン、オリーブオイルあたり。いくら酸化しにくいとはいっても、保管にはひと工夫を。大きい瓶の場合は小分けで早めに使い切ります。酸化防止剤の入っているクリームなども、期限を守って使います。

*酸化でよくあるトラブル*
・保存方法、使い方が悪くて化粧品が酸化してしまっている
→肌が荒れるのは化粧品が合わないのだと思い込みがち。使用期限をちゃんと守る。
・自分の出す脂質にかぶれる
→肌水分が足りなくて過剰に脂が分泌されている。乾燥ケアに切り替えたり、脂漏性湿疹の場合は皮膚科に相談する。
・毛穴が黒くなる
→酸化した油分がほこりやごみといっしょになってしまっている。化粧直しは重ね塗りせずに、一度落としてから。


*乾燥肌は刺激を受けやすい肌
痛んだ角質をさらに刺激すると、角質がぼろぼろになり、さらに奥まで紫外線などの刺激が入りやすい肌になります。乾燥したら即、保湿。夏は特に保湿をこころがけて健康な角質を保つことが第一目標です。丈夫なバリアがあれば、土台までは傷つきません。肌が強くなると、トラブル回復も早くなるので。

もし、お肌が真っ赤になるような日焼けをしたら・・・=火傷なので皮膚科にゴー!皮膚科に行けない場合は薬局に相談。やたらと化粧品で刺激せず、冷たいタオルで冷やす!とにかく、冷やす!
そのあと、ラベンダーウォーターやカモミールウォーターのスプレーで炎症を抑えて鎮静します。スプレーなら、手やコットンの刺激もないし、敏感になっているお肌にも刺激が少なくてよいかと思います。
あと、ビタミンC。ローズヒップティーをごくごく。クエン酸たっぷりのハイビスカスとのブレンドが疲れも取れるので一石二鳥。そうそう、ヒース(エリカ)をブレンドすると、アルブチンという美白成分も摂れるので、こちらのブレンドもおすすめです♪

友人と、日焼けケアの話で盛り上がったので書いてみました。書くことで、改めて自分でも勉強になったので、気持ちも新たに、スキンケアしていきたいと思います♪
長くなっちゃったので、おしまいにしてしまいました。
[PR]
by fakkotica | 2013-06-05 21:56 | cosmetics

シンプルスキンケアのこと

「肌が合う」 人間関係で使われる言葉、相性がよいという意味だけれど、実際に肌につけるものはこの感覚を大事にしています。「しっくりくる」という言葉がいいかな、化粧品を選ぶときの基準がこれです。

今のお肌のお手入れは、今までの人生で一番シンプルかもしれない。手抜きをしているわけではないけれど、これよりたくさんは過剰、トゥーマッチ。何かの本で読んだけれど、オイルを塗るだけという美容法もあるのだとか。

a0258087_2057657.jpg


*スキンケア*
クレンジング : pesca or ホホバオイル
洗顔 : pesca or 手作りの石鹸
化粧水 : pescaローション or ハーブウォーター (その日の好みで)
保湿 : ジョンマスターのアルガンオイル or 好きなアロマのホホバオイルあるいはシアバタークリーム 

*お化粧*
下地(夏) : エルバビーバのサンスクリーン
粉 : SINNの米粉のパウダー(パール)
色味のものはMIMC マスカラはディオールのお湯で落とせるもの

お化粧道具は石鹸でも落とせるものに統一している。ファンデはSINNの米粉のパウダー。時間が経つとオイルがなじんで、しっとりバリアを作ってくれている気がする。(クリームファンデは法令線に落ち込むのがうんと気になって。使い方が悪いのかな。)
クレンジングの手間がかからないので疲れているときでもクレンジングを負担に感じないので、お化粧したまま寝るなんてこともしない。石鹸だけでじゅうぶんすっきりするのがいい。pescaは、ショップチャンネルでお買い得なときにまとめ買いを。乾燥や日焼け、花粉で敏感に傾いているときに頼りになるのがpescaローション。ずいぶんリピートしている。

ジョンマスターのアルガンオイルは、ヘアドライをするときに使うものなのだけれど、お顔にも使っている。カサカサするところに、気がつくとせっせと塗ってしまうのは、アルガン独特の臭いが消されているから。
ほかにもホホバオイルは常備していて、小さなスポイト付瓶に必要量を補充しながら使っている。ホホバオイルは、デメター認定を受けたNewmond のものがお気に入り。精油の香りさえ苦手に感じるときは、ブレンドなしでそのまま使う。
シアバターはクリーミーなプラナロムのものを。夏場は輸入がストップするので買えるときに揃えておく。

コスメはおやつ主義という美容法も賛成。だから、不足したら贅沢にせっせとよいものを与えてあげたい。たまに、高級化粧品を買いたくなってしまうのだけれど、食事と睡眠、ストレスをためないことが美肌の秘訣だと思っているので、我慢してしまう。

母が、カツウラ化粧品をずっと愛用していて、それにオイルをちょっと塗るだけのシンプルケアで、60過ぎても美肌なので・・・いろいろつけなくってもいいかな。今のところは、このスキンケアで固まっています。

[PR]
by fakkotica | 2013-05-18 21:00 | cosmetics

35歳からの肌ケア ~今が曲がり角

a0258087_18162166.jpg
スペインのラ・マンチャにて。からっから&強烈な紫外線にも負けず、野性のカモミールの一種でしょうか。たくましく咲いていました。

ほおに当たる風が、すっかり秋らしくなってきました。
毎年、肌がかぴかぴしてくると「秋だなあ~」としんみりします。お肌で秋の訪れを実感するのは私だけではないはず。

お肌の乾燥の原因は、美容雑誌やテレビなんかでもおなじみのように、角質がめくれ上がって水分保持ができなくなること。角質はお肌のバリアですから、そこから老化の原因となるものがどんどん入ってきます。紫外線が少なくなったとはいえ、冬でも油断はできません。糖化や酸化※の原因にもなります。

※お肌の糖化・・・真皮にあるコラーゲンやエラスチンといった繊維たん白質に体内にある過剰な糖と結びつき変性した「AGEs」という恐ろしい物質が肌くすみや真皮ジワなどのトラブルを引き起こす。ちなみに角質でも糖化は起こります。紫外線に当たる人ほど糖化が進むと言われています。
※お肌の酸化・・・活性酸素が脂質と結合して細胞にダメージを与えお肌の老化を引き起こすこと。ちなみに、活性酸素にも種類があります。お肌に関係あるのは紫外線を浴びることで発生する一重項酸素、最も反応性の強い活性酸素であるヒドロキシラジカル(フリーラジカルのひとつ)があります。通常は抗酸化酵素が活性酸素を日々取り除いてくれますが、20代をピークに低下していきます。ここでは触れませんが、活性酸素にもちゃんとした役割があります。過剰に発生させないことが大切です。


お肌の乾燥は老化への近道です(泣)老化を防ぐためにも、クレンジングを見直してみませんか?きちんと、お化粧を落とすためのアイテムを取り入れただけでも、ずいぶん違ってきます。お気に入りのクリームクレンジング(30代ならクリームがいいよねえ)を見つけて、どれだけお肌が柔らかくなるか実感してみてください。
日本人は私も含め、石鹸大好きな方が多いのですが、あちこち隠したい部分にファンデを厚塗りしているなら、乳化されず落としきれません。ちなみに下地も油分だから同じです。ごしごしダブル洗顔でごまかして、落ちたつもりになっていると・・・角質がめくれ上がったり、角質が肥厚してさらなるトラブルに。

でもお肌に悩む方に朗報です!
お肌の曲がり角といえば昔は30歳とか25歳とか、言われてましたが・・・今は、「33、34歳」なのですって!ほっとしたなあ。
理由はクレンジングを使う方が増えたから。それだけ、クレンジングって大切なのですね。
これを聞いて、ほっとした方もたくさんいらっしゃるかと思います。ただし、20代にきちんとクレンジングを使っていた方限定です。

もしクレンジングがめんどくさい人は、最初から石鹸でも落ちる、自然派ファンデに切り替えたほうがよさそうです。わたしも、この方法でやりすごしてます。好みの方法はSINNの米でできているお粉に・・・夏限定ででるMIMCのUVのお粉を混ぜて使うことです。

そして、曲がり角をすぎたら、今の状態をいかに維持するかが課題。老化を先延ばしできるアイテム、これからの季節は「クリーム」です。当たり前って方も多いのかもしれないですが・・・べたべたするのがキライだから、乳液だけって方もまだ多いようです。

さて、私はアロマ愛好家なので大体スキンケアアイテムは自作します。これで十分満足。
精油の化学成分の分子はとても小さくて、真皮にも入ることができ、毛細血管を通り、全身をめぐって肝臓・腎臓で代謝され体外に排出されます。
ということからもわかるように、「アロマだから安全」というのはまったくの誤解できちんとした成分分析がなされ、的確な精油を選ぶことがもっとも重要と考えています。もし、アロマでスキンケアをしたいと考えていらっしゃる方がいたら、アロマを理解したうえでスキンケアアイテムを作っていただけるとトラブルがなく、楽しくスキンケアを続けられると思います。

私がアロマを勉強したころは、「化粧品で真皮に届くものはない」というのが常識でした。当時は目からうろこで、今まで高い化粧品を使っていたのに、真皮にとどかなきゃ意味無いじゃない、ってびっくりしたことを思い出します。
ところが、今は真皮にも届く成分が配合されたリッチなクリームがたくさんあります。もし、私(35歳)と同世代の方でコスメはカウンター派という方はぜひ、BAさんに「真皮まで届きますか?」と聞いてみるのもいいかと思います。初期投資はお高くつくけれど、表皮と真皮、両方ケアしてくれるなら、安価なクリームに毎月投資するよりずっといいです。2~3万円くらいで50gなら、お顔が小さい方ならで半年近く持つものもあるし、費用対効果はよいとわかるはずです。3000円のクリームをひと月で使い切るなら同じことですからネ。

最後に、冷え対策。これをしていないと、体の新陳代謝が悪くなり、お肌だけでなく、あらゆる悩みがでてきます。冷えっていやですねえ。手足を触ってあったかくても、おなかやお尻を触ってみて冷たければ内臓が冷えてます(泣)
何もかにも、体を作るのは食べ物。体によいものをバランスよく、ぷよにならない程度に食べて、元気いっぱいで冬を乗り越えましょう!

長くなっちゃうので、今日はこれくらい。お付き合いくださった方ありがとうございました。


fakko*
[PR]
by fakkotica | 2012-11-08 18:31 | cosmetics

雪のプレゼント



a0258087_21323848.jpg

職場の針葉樹。葉を落としたあとでも逞しい。

車を運転していて、がたごとがたごと。
路面にまだ雪が残っていて、そんな仕事の行き帰りのときには、やっぱり仙台は北国だということを改めて実感します。

毎日危険をおかしながら雪おろしをしなくてはならない方々や、水道管が凍ってしまって不便な思いをしている仮設住宅の方々のことを想うと胸が痛みます。

朝、玄関を開けるとお向かいさんが、雪かきをしてくれていました。
「ありがとうございます」
「いいえー。私、青森の人間ですから」

仕事から帰ると、駐車場から玄関まで 人が通れるくらいの雪かきの道。
ありがとうございます、とまた感謝の気持ちがこみ上げる。


ふとみると、小さな雪のケーキがいっぱい並んでます。
子供たちがきっと小さなバケツをひっくりかえして、ケーキをたくさん作ったのね。

スポンジにパウダーシュガーでは、子供むけのケーキにしてはあまりにシンプルだな・・。

急いで、部屋から シトリンの小さな粒をとってきて、フルーツ代わりにならべてみました。
シトリンは、金運アップで有名なので、家に置いてあります。
おすそわけね。

a0258087_21325699.jpg


この石が、子供たちに、太陽みたいなあったかいエネルギーをもたらしてくれますように。
それに、シトリンには、はつらつとした積極性をはぐくみ、希望や勇気などの明るいエネルギーをもたらしてくれる力があるのだそうです。

ほんとうにお向かいのお子さんは、元気いっぱいでいつもにぎやか。
そのまんま、太陽の子みたいに、素直に育ってほしいなと思ってしまいました。

だれが置いたのか、明日きっとびっくりするに違いないね。
ちょっとしたお礼だけれど、感謝の気持ちを受け取ってくれたら、本当にうれしいです。

朝から、誰かに「ありがとう」が言えたこと、帰ってきてからもまた「ありがとう」って思えたこと。
一日が気持ちよくはじまり気持ちよく終わることができたから、寒さを忘れて気持ちがあったかくなりました。

雪と言えば、雪が大好きな妹(キングチャールズスパニエルのふぁ)に会いたくて仕方ありません。
明日は、毎年恒例の節分大会。
豆ちゃんが大好きだから、きっと大騒ぎになることでしょう。
明日は会いに行こう!待っててね。

a0258087_21331862.jpg

はじめまして。妹のふぁです。大好きよー
[PR]
by fakkotica | 2012-02-02 21:43 | cosmetics


バラと庭の木々のことやアロマテラピーやハーブについて。キングチャールズスパニエルの妹との生活。


by Fako voix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

今シーズンの庭3 ~イングリ..
at 2014-07-28 20:37
ぬか漬け美人とコーボンのぬか..
at 2014-07-24 21:26
赤ちゃんも使える虫よけアロマ
at 2014-07-22 16:20
梅雨の頃のハーブティー
at 2014-07-18 08:30
ゴッホのひまわりが仙台にきま..
at 2014-07-17 09:00

カテゴリ

全体
daily life
aromatherapy
flower essence
cosmetics
herb
gardening
travel
short trip
therapy etc.

画像一覧

検索

タグ

ライフログ


























外部リンク

その他のジャンル

フォロー中のブログ

イタリア料理教室 Buo...
La Fleur
NOYAU et cet...
浜松の刺繍教室 l'At...
気ままな日々綴り

*お願い*

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストなどを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

花・ガーデニング
美容・健康

広告