カテゴリ:flower essence( 6 )

太陽に輝くお花のエッセンス

a0258087_10123251.jpg

霧の中の道。運転していてこわいですね。去年行った、那須岳の様子です。悩んでいるときの気分でこんな感じ。先が不安で仕方ない。



春の雨。 水枯れを心配していた、庭のお花たちも少しほっとしてくれたかしらと思います。
何より、はらはらしながら水やりをしていた私が、一番、安心しながら過ごすことのできた一日でした。

一転、今日は昨日の雨に太陽の光があたって、お水を吸ったお花たちもきらきらしています。気持ちのよい朝。お花に、水に、太陽が合わさると、すばらしいお花のエッセンスができます。

バッチフラワーに出会ったのは今から8年前。問題を抱えて途方に暮れていた時期、お花からもらったエッセンス? なんとなくかわいらしいからいいか、という感じではじめました。

何かがうまくいっていないときや、悩んでいるとき、傷ついているとき、どうしてこうなったのだろう、どこが悪いのだろう、あれこれ、自己分析をしだすと止まらなくなります。そして、罠にはまったみたいに抜けることが難しくなる。悩みは行動を変えるチャンスなのだけれど、思考の連鎖にはまったときは、悩み方に問題があるのかもしれない。上手に悩んで手放すことができたらいいな。

自分の考え方や感じ方の癖、ものごとの受け取り方、人に対して持つ感情、etc. 今、自分が持っているネガティブな感情がどのようなものなのか、向き合って、さよならをすることができるようにするとすごく日々が楽になります。バッチフラワーは、使う人自身が「積極的に」ネガティブな感情を解放するための、セルフヒーリングのためのものです。
柔軟な態度と、変化に対応できるエネルギーがあるなら、悩みは人を大きくよい方向に導いてくれます。悩んでいたあのとき、現実に起きた様々な出来事の原因は、元をただせば私の凝り固まった頭の中、人も自分に対しても「~であるべき」という偏屈な感情から来ていたものでした。気づいてしまえば、もう修正できます。

わたし自身はスピリチュアルとか、なんとかそういうことには一線を引いています。この小瓶の中身がなんであれ、自分が使いたければ使えばいいし、好きじゃなければかかわらなければいい、それだけ。
人それぞれなんでもよいのだけれど、精神的につらいとき、状況に心がついていけないようなとき、誰に相談することもしたくないとき、自分で自分を手当する方法をいくつか持っていると、すごく便利です。

また、書きたくなったらバッチフラワーエッセンスについて取り上げてみたいと思います。そろそろ整理したいと思っているところなので。
[PR]
by fakkotica | 2013-04-25 10:24 | flower essence

癒しのエネルギーと科学

a0258087_2164851.jpg

水晶のクラスターと、ローズマリーとゼラニウムのドライ。私のお守りアイテムのひとつです。

今日は過日色彩療法で伺ったお話、色がもつ波長が人にどう影響するのか、もっと深く知りたくて・・・

わたしが持ってる波(それは量子物理学のお話になるのですって・・)に
色の波長が働いて、元気になったり、疲れがとれたり、冷静になったり、攻撃的になったり、そんな風に影響しあうということがあるのかしら?

それなら・・・元気になりたかったらオレンジ色の服をきたりすればいいかしらって単純に思った私。
チャクラの色に合わせて、その色の石を選んで瞑想したり・・・なんだか、楽しくなって帰ってきましたが、なんでも???な私、科学的にどうか知りたかったわけです。

たまたま、理論物理がご専門の方に私の疑問をぶつけたら、すっかり笑われてしまいました。

質問1
色彩療法でいういわゆる私のもってる振動ってなんですか?

物質の最小単位である原子の周りを電子がくるくる回っているとき、ただ回っているんじゃなくて強弱があるのだそう。その様子を”波状”なんて表現したりすることがあるのですって。(正しく理解できていなかったらごめんなさい)それのことを言いたいのかもしれない、という回答が。

それからいわゆる電磁波とは、光や紫外線や放射線。電磁波の中の長い波や短い波。
その中で、赤とか青に見えるのが可視光線。反射したり、吸収されたりいろいろするけれど、全部波長。波です。

なるほど・・・

質問2
では、光の波と私の”波状”と表現することもある私の最小単位と、赤や青に見える「色」の”波長”は影響しあうことは考えられますか・・・と伺ってみたところ、
この二つはぜんぜん別物です!その色彩療法とやらは、まったくもってけしからん。ということでした。

偶然・・・・・

今日は応用物理専門の方と今度はホメオパシーのお話になったんです。

2月も半ば、そろそろ花粉準備をしなくちゃ・・・
と思っていたところ、自分が日本杉のホメオパシーのレメディを持っていることを思い出し・・・その方にお話ししてみました。
レメディのエネルギーってなんですかって伺ってみたら、これまた、びっくりされました。
砂糖の塊を信じちゃだめだよって。

サイモン・シンさんの代替医療についての本が出ているから読んでみなさいと、アドバイスを受けました。

たしかに・・・
お花のエネルギーやレメディの力を信じている私の立ち位置は、おふたりとは真逆です。
自分の持っている哲学とはねじれの位置かも・・・

でも、いつでもお互いを尊重する、真ん中の考え方を忘れないようにしたい・・・
そう思い、サイモン・シンさんの最新刊を読んでみようと思います。

ペーパーバックで出てるみたい。翻訳本はまだ、文庫でていないみたいです。

Trick or Treatment?: Alternative Medicine on Trial

代替医療のトリック

わたしと同じ立ち位置の方で
別の視点を持ちたい方はぜひ、ご一読ください。

fakko*
[PR]
by fakkotica | 2012-02-15 21:24 | flower essence

being true worth

a0258087_0485061.jpg

4,5年前に泉ボタニカルガーデンの春の写真です。まさに花の楽園のような、場所。花たちが開花し、根っこから吸収し頂点まで至らしめたエネルギーを放出しています。このお花についての話はまた、別のところで・・・


昨年、家族が病気をしたのでしばらく実家にいることになり、レメディやら精油やら持ちかえっていたものを、現在住んでいる家に持って帰ってきました。

そのなかに、神様が今わたしに必要なレメディをそっと入れておいてくれました。

「being true worth」 というフラワーエッセンスです。
説明は抜きにしますが、どういうメッセージか、それぞれの方が捉える事ができるかと思います。

わたしも、購入したときとは違う、さらに深い意味で、生きている意味を、ほんとうに価値のあることとは、私がしたいこととは・・・・

今、考えるべきことを レメディに突き付けられた気がしてなりませんでした。
逃げていてはいけないということ、考え抜いて出した結論というものは、自分が納得がいく限り他人が口をはさむ余地はないこと、何言われても関係ないということ、なんにもこわいことはないこと・・・。そんなことが頭をよぎりました。

a0258087_048585.jpg

My blue bird is here soon.

人生の主人公は自分自身。
[PR]
by fakkotica | 2012-02-13 00:51 | flower essence

眠り病

a0258087_22213257.jpg

17世紀のスルバランの静物画。時の流れで姿を変えるものをモチーフにしていないことで異彩を放つ作品。花とかオレンジとかじゃないですよね。珍しいです。見つめているだけで、静謐な時間を感じます。こんな空間でぼーっとしたらすごく休まるだろうなあ。ちょっとサイズの関係で切れちゃってます。すみません。
スルバラン 四種の器のある静物。 <プラド美術館カタログより>
一日が、あっという間に終わってしましました。

原因は、眠り病?だからです(笑)

昨日の夜、CSIをみて、おやつ食べて、しらないうちにソファで寝ちゃって、朝方ベッドに入りました。
そこから、10時間以上・・・
今月に入って2回目。こんなにびっくりするくらいに寝てしまうことは。

金曜に、バッチレメディのカウンセリングに行って、今の自分の不調の原因がまったくわからないというお話をしてきました。

そのときに、原因をあぶりだすために、アグリモニーとクレマチスを使ってみようと言うことに。

アグリモニーは問題を見て見ぬふりして、表面上何事もなかったように自分をだましているような状態から脱却させてくれるレメディ。お酒依存、買物依存、なんかにも使われます。

クレマチスは、現実に着地させてくれるためのレメディ。
例えば、大変なことが自分の身に降りかかっているのに、離れた所から自分を見ているような状態から現実を直視させてくれる働きが。

他ももろもろ選びましたが、オークがもしかしたらうまく働いてくれているのかもしれません。
オーク、何があってもがんばり続ける人がうまくアクセルとブレーキをかけられるようにしてくれる。

疲労困憊に元気をくれるというレメディにオリーブというのがあります。
オリーブは肉体的に、病気のときや、震災のようなとき(とっても役に立ったよ!)、元気を奮い起こしてくれるレメディ。

オークとの違いは、オークの人は能力はあるのにエネルギーが枯渇していると感じている場合に使われます。エネルギーが欲しいときというより、お休みしたいのにお休みの仕方がわからないというときかなあ。

おそらく、わたしに休息をくれたのは、オークだと思っています。

無理ができない歳になりました。
やっぱり運動して、美味しいもの食べて、楽しく暮らす。
そうしないと、てきめんに体にくるのね。
健康のこと、そろそろまじめに考えよう。

fakko*

a0258087_0161024.gif
アグリモニー

クレマチス

[PR]
by fakkotica | 2012-02-05 22:30 | flower essence

mala fides 自分を守るすべ

a0258087_219012.jpg

フレーバーライフ社のメイチャン(リツェアクベバ)
レモングラスに似たフレッシュな香り。爽やかな香りが心身を元気にしてくれます。
どちらかというと、心に効く香り。震災の時、ボランティアでハンドマッサージをした方に聞いたらほとんどの被災者の方がこの香りを選んだのだとか。心を癒す力が強いのかもしれません。



悪意~mala fides

故意の悪意は、ぜったいに赦したくないけれど、

そんなつもりはなくても、人は誰でも悪意の交換をしています。
なぜって・・・負の感情を誰もが持っていて、それを知らぬ間に発しているから。
それに、コミュニケーションするってことは、誤解が連続で築かれていくものだから、
知らず知らずのうちに人を傷つけてしまっていることもあるし、仕方のないものです。

そういう日常で、何かに傷ついたなと思った時、逃げ込む場所は誰にでもあるもの。
心がまるごと安心する、感覚がほーっとする、人や場所や音・物、そんなことかな。
いつもいつも、それらに囲まれ生きていたいけれど、そういうわけにもいかないのが現実。

みんな、その現実を一生懸命生きているのですよね。

日常のストレスはそんな、さまざまな負のフィーリングを受け取ってしまったり、自分で生み出すことにより、、生じて、積み重なっていくものなのだと思っています。

ストレスで攻撃を受けた心と体は、普段は免疫システムで守られていて、受けた攻撃を自然にやっつけてくれています。小さな不調は、免疫細胞ががんばってくれているからこそ、自然と治っていくもの。

ただ、免疫がやっつけきれなかった悪者は、しらずしらずのうちに心と体をむしばみます。
何十年もかかって病気としてあらわれる場合もしばしば。

でも、そうなる前に、体も心もSOSを出してくれているんですよ。
体がSOSをだしてくれる場合もあるし、心がSOSを出す場合もある。
人によりそれぞれです。

わたしが思うに、一番気がつきにくいのは 心がSOSをだしているときではないでしょうか。

最近、なんだか元気ないなって感じる人にはぜひ、心(とくに感情)と静かに向き合う時間をつくってほしいと思います。すると、原因が見えてくるし、自分がこんなふうに感じているんだな、じゃあお休みしましょうって気がつくことができます。
そうして、日々バランスをとりながら元気に過ごせるようになり、体の不調もいつのまにか治っちゃうってことになります。

でも、もし心のSOSをを無視しちゃうと、いっぱいいっぱいになりすぎたこころは、どうしても気がついてほしくて、体をつかってSOSを出してきます。
風邪?胃腸?それとももっとこわい病気・・・?

そうなると、お医者様に行って、薬をいただきますよね。
すると、熱がさがったり、お腹が治ったり、一見するといつもの自分にもどることができます。
あーよかった。そういうことって往々にしてある当たり前のこと。

でも、もしかしたら、心のSOSを無視してしまったことになった可能性もあるんです。
一見、治ったと思った体の不調。
辛い辛いと感じてる心の方はほっておかれたことになり、忘れ去られて、どんどん積み重なる。
こんどはもっともっと大きな不調として体がSOSつまり、大きな病気となって心の辛さが表面化してくる。

そうなったら、本当に取り返しがつかないことにもなりかねません。

お仕事いそがしくって、自分を顧みる時間なんてないっていうの、みんなそうですよね。
わたしもそうです。
なんだか体の調子が悪いのに、お医者様に行ってもなんでもありませんって言われた方、一度、心を見つめ直してみてください。

自分は大丈夫よ、って思っている方、ほんとうにそうかな?
わたしもそういう傾向が強いから、もっと自分の心と向き合う時間を増やしたいとそう思うこのごろです。

心を無視して頑張りすぎてダウンっていう出来事が、最近、私のまわりで重なっています。
がんばるのってすごくいいことだけど、健康で生きるってことが、何よりも大切ってすごく思う。

だからこそ、いつも元気、だから大丈夫、わたしに限って病気なんかにならないわよーと思っている大切な人に、わたしがどれだけ彼女のことを思っているのか知ってほしくって、今日はこんなことを書いてみました。

伝わるといいんだけど・・・レスキューレメディをもって、元気になるアロマオイルを携えて、この想いを伝えに彼女のもとを訪ねてきました。彼女とは、私の母です。

どうか、伝わりますように・・・
もちろん、豆まきもしてきたのよー^^


fakko*
[PR]
by fakkotica | 2012-02-03 21:35 | flower essence

寒い季節の心と体

a0258087_19193963.jpg

冬でも花を楽しめるシクラメン。夏は休眠して、秋から冬に生育する、内気なお花です。
[ボタニカルアート パイ・インターナショナルより]


もの凄い寒冷前線が日本を襲っていますね。

仙台は太平洋側で、比較的冬はお天気の日が多いのですが、日本海側の方は曇り空の方が見慣れてしまう季節なのではないでしょうか。

このごろ、心の具合を壊す人が私のまわりに多くって・・・
受験・進学・就職・転職・異動・・・
2月は一年の総まとめでなんとなくプレッシャーがかかります。年末のせわしなさとは違う切迫感。
早く3月になってくれればと思います。

そんなこともあり、冬には心身ともに落ち込んじゃう人も多いのだとは思いますが、これも生物の防御反応だと思えば仕方ないなと納得しています。

心が沈むのは、お陽様が見えないから、そして寒いから。
こんなときに、目がらんらんと 活動的になってしまったら、余計にエネルギーを消費してしまいます。
動物だって、じっとまるくなって冬眠したり、食物をとらえるチャンスをじっと待ち続けたりと・・・静の時間を過ごしています。
なんだかそれでも、鬱々とするなんてときは、空を見上げよう。空の青は心をリラックスさせてくれます。
曇り空と雪しか見えないってときは、心の中で青い色を想ってみます。
青は自分を冷静に見つめる色。そして、心と魂の輝きであると シュタイナーは言っています。
こんな季節こそ、内なる自分を見つめるチャンスなのだと、四季は教えてくれているようです。

それに、冬に熱がでるのもよいことだって、何かの本で読みました。
体温が常に低い状態だと、免疫がうまく働かなくなります。
だから普段はやっつけられる、ウィルスや細菌に侵されてしまいやすいのだけれど、もしも風邪なんかになっちゃっても無理に症状を抑えなくってもよいと私は思っています。
なぜなら、体温が低いために、冬の間は 免疫の働きが鈍っているため、たまった毒を体から出すことが難しいのです。そのために、一気にだしてしまう機会がどうしても必要になります。(と体が勝手に調整してくれているように私は思っています)
だから風邪ひいて熱出た時は、うんとあったかくして、いっぱい汗をかいて、水分をとって、体中から、毒素を抜いてくれるように、体がわざと?調節してくれているのかなと思ってます。

とにかく、ふだんから免疫を普段から高めておくのが一番です。

(もちろん、インフルエンザが流行ってますし、無理は禁物です。この見極めはきちんとしなければと私も思います)


レメディの話から随分 それてしまいましたね。

気が乗らないときは、バッチのホーンビーム(朝起きた時なーんにもしたくない状態のときのような感じ)
元気がないな、エネルギー足りないなと思うときはオリーブ。熱が出て体力消耗した時にもいいです。
なんとなく不安っていうときは、可能性がいろいろあるからここでは言及しないことにしましょう。

なんとなく元気がなさそうで、こっちまで元気がなくなるわってときは、うまくプロテクションします。
フィンドホーンのサイキックプロテクションのスプレーはフランキンセンスとローズの精油も入っているからお気に入りです。はじめての場所、はじめての人と会うとき、全身にふりかけたり、部屋の四隅にスプレーしたり
いいですよ。

冬だから、気分がふさぐのは当然、動物だもの。
体が動かないのも省エネだからだし、太るのも自然の摂理!


あと少しで立春です。
新しい可能性の芽がすでに芽吹きはじめているのをとてもわくわくしながら感じています。

fakko*


ご興味のある方、フィンドホーンのサイキックプロテクションです。


[PR]
by fakkotica | 2012-02-01 21:10 | flower essence


バラと庭の木々のことやアロマテラピーやハーブについて。キングチャールズスパニエルの妹との生活。


by Fako voix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

今シーズンの庭3 ~イングリ..
at 2014-07-28 20:37
ぬか漬け美人とコーボンのぬか..
at 2014-07-24 21:26
赤ちゃんも使える虫よけアロマ
at 2014-07-22 16:20
梅雨の頃のハーブティー
at 2014-07-18 08:30
ゴッホのひまわりが仙台にきま..
at 2014-07-17 09:00

カテゴリ

全体
daily life
aromatherapy
flower essence
cosmetics
herb
gardening
travel
short trip
therapy etc.

画像一覧

検索

タグ

ライフログ


























外部リンク

その他のジャンル

フォロー中のブログ

イタリア料理教室 Buo...
La Fleur
NOYAU et cet...
浜松の刺繍教室 l'At...
気ままな日々綴り

*お願い*

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストなどを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

花・ガーデニング
美容・健康

広告