実家の片づけ

報道で取り上げられる機会がずいぶん少なくなりましたが、地震から1年と数か月が経ちました。
業者さんの手が個人宅までまわるようになったのか、うちの周りでは、ちょっとした建築ラッシュです。犬の散歩をしていると、慣れ親しんだ風景が急激に変わっていくことについていけないというか、ちょっと淋しい気持ちになったりもしますが、壊れた家々を見るのもそれもまた悲しくなるので、複雑な気分です。

そして、壊れたままの実家も、やっと修理とリフォームが入ることになりました。
このひと月は、ごみや不用品の処理に追われています。もう、ごみ袋をいくつ出しただろうか・・・リサイクルショップに何回通っただろうか・・・。
自分の部屋だけは、片づけがぜんぜん進みません。(まだ実家に物がおいてあるんです 汗)
あのとき、いろんなものをたくさん捨てたのに、また、これ以上何かを捨てなければならないのか、と考え込んでみたり。

何も考えずに捨てられることもあるのだけれど、そうでないときもあり、物と向き合うのもけっこう疲れます。「保留」でもいいかな、段ボールに入れて、しまっちゃおう。 捨てられるときがきたらすんなりできるだろう。
そう思いついたら、気持ちが楽になって、片づけが進むようになりましたが・・・

まだ、道なかばです。

Fakko*

a0258087_1940340.jpg

高校の時の宿題を祖父に手伝ってもらったときの、蕪村の俳句集。書き込みがありました。懐かしい。

洋服なんて、似たようなのがいっぱいあるかと思えば、すごく奇抜なのがあったりする。 
気に入ってしょっちゅう袖をとおすものと、もったいなくてとってあるものと、家着になるからとっておくのと、どうしたらいいのか。捨てても捨ててもなくならない。こうなったら、ぴんとこないものは、全部処分。
本。 本を捨てるのはすごく気が引ける。 中身を読んだときに、これはもう二度と読まないなというものは、BOOKOFFへ。 外国語の勉強本とか、今まで開きもしないで、この先いったいいつ勉強するの?
意外に処理に困るのが、お土産や記念品の類。 思い出だけあればいっか。 これもなしとする。
写真とか、昔のネガとか、どうしよう。 特にネガ。 現像する機会が次にやってくるのだろうか、一応取っておくことにする。
こうして、悩んで悩んで作業しても、ゴミを出したあとは、何を捨てたのかすっかり忘れてしまっている。 
私の記憶脳は自分に都合よくできてるみたいです。

[PR]
by fakkotica | 2012-06-19 20:10 | daily life


バラと庭の木々のことやアロマテラピーやハーブについて。キングチャールズスパニエルの妹との生活。


by Fako voix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

今シーズンの庭3 ~イングリ..
at 2014-07-28 20:37
ぬか漬け美人とコーボンのぬか..
at 2014-07-24 21:26
赤ちゃんも使える虫よけアロマ
at 2014-07-22 16:20
梅雨の頃のハーブティー
at 2014-07-18 08:30
ゴッホのひまわりが仙台にきま..
at 2014-07-17 09:00

カテゴリ

全体
daily life
aromatherapy
flower essence
cosmetics
herb
gardening
travel
short trip
therapy etc.

画像一覧

検索

タグ

ライフログ


























外部リンク

その他のジャンル

フォロー中のブログ

イタリア料理教室 Buo...
La Fleur
NOYAU et cet...
浜松の刺繍教室 l'At...
気ままな日々綴り

*お願い*

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストなどを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

花・ガーデニング
美容・健康

広告